アイルランドワーホリ応募の流れとちょっとしたコツ

アイルランドワーホリ

こんにちは!

2019年3月末からアイルランドワーホリに行くMaiです。

自分の名前とアイルランドという国名に共通点を見つけて嬉しかったため、名前をドッキングさせたブログ名にしてみました!(^^)!

なんてことはどうでもいいですよね。笑

さて、先日2019年のアイルランドワーホリの申請期間が発表されました!今回の発表を待ちわびていた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アイルランドワーホリ応募の流れとアイルランドワーホリに応募して実際に許可が下りた申請書の内容をご紹介したいと思います。

これからアイルランドワーホリの応募を考えている方のご参考になれば幸いです。

2019年のアイルランドワーホリ申請期間

2019年のアイルランドワーホリの申請期間がアイルランド大使館のHPにて発表されました。2019年も申請は2回に分けて受付をするようです。

1回目の申請期間は2019年1月15日(水)から2019年1月31日(木)で、この期間のビザでは2019年9月30日(月)までがアイルランドへの出発可能期間です。

 

2回目の申請時期は、2019年の7月下旬ごろに予定されてるので、ちょうど1回目の申請期間から半年後ほど経ってからですね。2回目の申請では、2019年9月30日(月)から2020年3月20(金)までにアイルランドへ渡航する方が対象のようです。

 

アイルランドワーホリ応募の流れ

アイルランドワーホリ応募はどのような流れなのでしょうか?注意点も交えてご紹介していきます。

申請期間の確認と申請書のダウンロード

まずは、アイルランド大使館のHPにて申請期間の確認をしましょう。

 

申請期間を確認したら、そのままアイルランドワーホリの応募に必要な申請書を印刷しておくことをおすすめします。理由は後述しますが、申請書は全て英語で書く必要があるため応募準備を万全にするためにも早めに確認しておくと安心です。

申請期間が始まったら申請書を添付してメールを送信

申請期間が始まったら、申請書を添付しメールを送信します。私の場合は、

【件名】
Application of Japan-Ireland Working Holiday Programme(ローマ字で名前)
【本文】
Dear Embassy of Ireland, Japan

I’m (ローマ字で名前).

I have attached the application of Japanese-Ireland Working Holiday Programme.

Please confirm that.

Best regards,
(ローマ字で名前)

といった文章でメールを送信しました。

申請期間が始まる前に申請書を完成させておくワケ

申請期間が始まる前に申請書を完成させておくことは、アイルランドワーホリの人気が高まっている今非常に重要です。というのも、アイルランドワーホリは申請期間の早い時期に応募しておくことがワーホリに行けるカギになる可能性があるからです!

 

アイルランドワーホリの定員は年間400名ですが、以前は定員割れをしていたため、応募すれば誰でも行くことができました。

 

しかし、アイルランドワーホリへの注目の高まりやイギリスのYSMでの落選通知メールにアイルランドワーホリ応募への案内がされていることもあり、今では応募しても外れてしまうこともあります。

 

実際に私や友人(今はもうアイルランドワーホリに行っています)も1度アイルランドワーホリの応募にもれています。私たちの共通点はずばり……

 

申請期間終わり間際のギリギリに応募していた!!

 

ということでした。この反省を踏まえて、私の友人は次の応募では申請期間が始まった日の朝7時にメールを送信し、見事ビザの申請許可が下りています。

 

周りや私の経験談から考えると、アイルランドワーホリの申請許可の確率を高めるためには、申請期間が始まってすぐの応募をおすすめします!!!

ワーホリ申請許可が下りた申請書に書いたこと

アイルランドワーホリの申請書を出すときに心配なのが、どんなことを書けばいいのかということではないでしょうか?実際に申請許可の下りた私の申請書の内容の一部をご紹介します。

 

項目16の「Please give a short explanation (max.100 words) ofhow you plan to spend your Working Holiday Program in Ireland.」(アイルランドワーホリプログラムで何をしたいのか100文字以内で書いてください)という問いへの文章です。ここが最も書くのに苦労する項目なのではないでしょうか?

「Firstof all, I’d like to interact with Irish people and make a lot of friends. In order to do them, I’m going to participate in local events and volunteer activities. Second, I’d like to understand Irish culture and be a mediator between Ireland and Japan. I want to not only know their culture but also tell Japanese culture. Finally, I’m plannning to travel around Ireland.」

(和訳)
「まず初めに、私はアイルランド人の方と交流し多くの友人を作りたいです。そのために、地元のイベントやボランティア活動に参加しようと思っています。次に、私はアイルランドの文化を知りアイルランドと日本の架け橋になりたいです。ただアイルランド文化を学ぶだけでなく、日本の文化も伝えたいです。そして、アイルランド全土を旅するつもりです。」

拙い英語ですが、これで申請許可が下りました。100文字という短いしっかりと自分の思いを書くことが大切なのかもしれません。

まとめ

アイルランドワーホリをお考えの方は、まずはアイルランド大使館のHPにて申請期間の確認をしましょう。そして、申請期間が始まる前に申請書を完成させておくことが大切です。

申請書を完成させておけば、すぐに応募することができ、申請許可が下りる可能性が高まるかもしれません。

その他にも、何かご質問があればいつでもお待ちしています!(^^)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました